Loading
腰痛が3か月以上続く「慢性腰痛」

腰痛が3か月以上続く「慢性腰痛」

このような症状でお悩みではありませんか?

  • 朝、起きてみると腰が痛い
  • 何年も繰り返す腰痛に悩まされる
  • 思い当たる節がないのに、ただ腰が痛い
  • 手術したのに腰痛が治らない。
  • 肩にズキズキ疼くような痛みがある

慢性腰痛の症状や原因、定義

「慢性腰痛」は文字通り、慢性的に腰痛を感じる症状を言います。腰の痛みが3ヶ月以上、続くものが慢性腰痛と言われています。
「気がついたら腰痛になっていた」という感じで、何かをキッカケに慢性的な腰痛になることは多くありません。
最初から鈍い痛みを感じることもあれば、激しい急性腰痛が悪化し、慢性腰痛になってしまうケースもあります。
一般的に何の対策もなしに自然に治る確率は低く、痛みの他にハリ、疲労、重さなど違和感、不安感を感じることがあります。

慢性腰痛の原因とは?

現在の医療では腰痛の原因の90%は原因不明と言われています。
何故ならば、腰痛の本当の原因は筋肉の場合がほとんどだからです。病院で行われる腰痛の診断のほとんどがレントゲン検査などの画像による診断でしてしまうことが多いです。画像診断も必要ですが、レントゲンでは骨しか映りません。骨に異常があった場合は診断名がつきます。その確率は10%です。他の90%の腰痛の患者は原因不明の腰痛という診断になります。診断でよく聞くのは「加齢だからでしょう」となります。こんな曖昧な診断が現代でも非常に多いのです。海外では多くの腰痛の原因は筋肉であることははっきり言われています。患者様の症状をしっかり聞き取り、症状が出ているところをしっかり触診するからです。触診すれば原因がわかるにも関わらず、現在の日本の腰痛に対する診断はレントゲンなど画像診断に頼り切ってしまっています。画像診断が重要な場合のこともあります。ただし原因は「画像診断だけでは本当のこと、全てはわからない」と理解して頂きたい、と思います。
何故、腰痛の原因が筋肉から90%も筋肉から出現するのか?
腰には仕事や日常生活を送る上で、重要な筋肉がたくさん付いています。重いものを持つとき、中腰のときは腰回りの筋肉をよく使っていることは想像できると思います。実は孤児の筋肉は体を激しく動かさなくても立っている姿勢や座っている姿勢を維持する為に腰の筋肉は使われているので、常に負担がかかり、知らない間に腰の筋肉に負担がかかり続けています。負担がかかっていると腰の筋肉に血行不良が起こり、一度、痛みが出てしまうと、筋肉は固くなり、さらに血行不良は進んでいます。初めは腰がだるいなど軽い症状であっても徐々に腰の筋肉の硬さは増していき、血行も悪くなり、常に腰痛を感じてしまいます。これが慢性腰痛の原因です。

桂院 TEL:075-874-7081

〒615-8027 京都市西京区桂朝日町137
市バス 下桂バス停前 桂駅から徒歩10分

桂院 地図桂院 営業時間

LINEでのご予約はこちらから

スマホで「友だち追加」ボタンをクリックされるか、左記のQRコードを読み込んで下さい。ご予約時にはお名前、ご希望の日時、症状、電話番号をご記入下さい。当院よりメッセージにてご予約確定の返信をお送りします。

>>LINE予約の手順について詳しくはこちら

西京極院 TEL:075-314-3456

〒615-0812 京都市右京区西京極大門町20−6
市バス 大門町バス停前

西京極院 地図西京極院 営業時間

PAGE TOP