Loading
交通事故における手・足・ヒジ・膝のケガ

交通事故における手・足・ヒジ・膝のケガ

交通事故における腕、手の怪我

腕、手のケガが、交通事故で2番目に多いとされています。
自転車やバイクの運転中、または歩行時に車やバイクと衝突した際、腕を直接、車とぶつけたり、ハンドルを握っていた手首を怪我されたり、転倒の際、とっさに手をぶつけて捻挫、骨折、脱臼、打撲することがございます。明らかなケガは丁寧に処置されますが、レントゲンで異常が見られなければ、捻挫、肉離れ、筋肉、打撲など、病院でも患者さん自身も軽く見られることが多いです。

交通事故における足・ヒザ・足首の怪我

ヒザの打撲、足首の捻挫、太ももの打撲や肉離れなどといった足の怪我も交通事故に多くみられる症状です。
これらの症状は、自転車に乗っている時に車と接触事故、自転車やバイクの転倒、転倒を回避しようとしたときの踏ん張り、車での急ブレーキなど、様々なことが原因で起こりえます。ここで知っていただきたいのは、足が自動車と直接、触れなくても、衝突時の衝撃や足の踏ん張りなど、怪我をするということです。その多くは捻挫、打撲、肉離れといった筋肉、筋膜や靭帯の怪我です。
こういうケガは通常、レントゲンでは映らないので病院では「治療の必要がない」と判断されて湿布や痛み止めのけがで様子を見ようと言われて、適切な処置をされないままほっとかれることも多いです。しかし筋肉、筋膜、靭帯のケガを甘くみてはいけません。

私共はカウンセリングと
触診によって適切な治療をします。

手、足の捻挫、打撲、肉離れは、レントゲンの検査では「異常なし」と診断されることが多く本人にしか、その痛みはわかりません。
あなたの症状にもっとも良い治療は、あなたの怪我の状態・種類によって変わります。
もし手、腕、足、ヒザの怪我の症状に改善がみられないようであれば、まずは京都の桂・西京極にあるさつき鍼灸整骨院までご相談ください。
施術を一度、体験されるだけでも、症状に変化を感じてただけることでしょう。
湿布、痛み止めだけでは、なかなか治らない痛み、つらい腕、手、足、膝の症状を一緒に解消しましょう。

西京極院 TEL:075-314-3456

〒615-0812 京都市右京区西京極大門町20−6
市バス 大門町バス停前

西京極院 地図西京極院 営業時間

守山院 TEL:077-599-5977

〒524-0101 滋賀県守山市今浜町2620-5 ピエリ守山2F水春連絡口
JR堅田駅・守山駅から”無料シャトルバス”有り

ピエリ守山院 地図ピエリ守山院 営業時間 10:00~20:00(受付終了:19:00)【休日】毎週木曜日

PAGE TOP