Loading
坐骨神経痛について

坐骨神経痛について

このような症状でお悩みではありませんか?

  • 整形外科にて骨の変形による坐骨神経痛と診断を受けた
  • お尻からふくらはぎの外側にかけて痺れるような痛みを感じる
  • 腰を伸ばすと、お尻から足が痺れる
  • デスクワークをするとお尻から太腿が痛い。
  • 腰がだるくお尻の横を叩くと気持ちがいい

坐骨神経痛とは

坐骨神経とは腰椎から脚にかけて走っている神経で、お尻の筋肉の間から表面にあらわれ、太腿の後ろを通り、ふくらはぎの外側に至る神経です。
この神経に沿った痛みが特徴的な症状を坐骨神経痛と言いますが、正式な病名ではなく、痛みや痺れを主体とした症状を総称して「坐骨神経痛」と呼びます。

坐骨神経痛の原因とは。

それでは、所謂、坐骨神経痛の痛みの本当の原因はなんなのでしょうか?それは坐骨神経に沿った筋肉や筋膜のこわばり、短縮が原因と言われています。
現在、神経の圧迫は痛みを生じさせないことが、痛みの生理学によって明らかになっています。神経自体の生理機構から考えても神経の圧迫による痛みには矛盾が多いため、医学会で否定されています。
筋肉のこわばりや短縮が原因なのですが、症候の名前が「坐骨神経痛」となっているので神経そのものが、痛みを与えている先入観が今も残っているそうです。

坐骨神経痛を引き起こす筋肉

坐骨神経痛を引き起こす筋肉とはどの筋肉なのでしょうか?原因となる筋肉は一つではありません。
代表的なものは小臀筋、中臀筋というお尻、股間接の外側の深いところにある筋肉、太腿の裏の筋肉、ハムストリングスなどが主な原因となっている筋肉です。
これらの筋肉は動きが少ないため、ストレッチなどで意識して引き延ばす運動をしなくては、筋肉の運動によるポンプ作用が働かなくなるので、血流が滞りがちになります。太腿の裏の筋肉は特にデスクワークで圧迫されることが多く、十分な血流が行きわたらないと、痛み、だるさを起こしてしまいます。
筋肉の血流不足、酸欠は痛みの悪循環を引き起こします。神経の圧迫や腰椎の変形、骨盤や背骨の歪みが原因ではないので、骨盤矯正、牽引、湿布などでは効果がありません。
私共の治療法は痛みの原因となっている筋肉を割り出し血流を改善する治療です。多くの人が温めると楽になる、座っているより歩いている方が痛みが楽になる、と感じるのは筋肉の血流不足が原因です。問診や検査によって原因となっている筋肉を割り出しピンポイントで筋肉のこわばりを緩める治療を行います。

桂院 TEL:075-874-7081

〒615-8027 京都市西京区桂朝日町137
市バス 下桂バス停前 桂駅から徒歩10分

桂院 地図 桂川街道 下桂周辺桂院 営業時間 午前8時半〜12時 午後14〜20時 (土は8時半〜17時迄)日曜日・祝祭日・水曜日休院

LINEでのご予約はこちらから

スマホで「友だち追加」ボタンをクリックされるか、左記のQRコードを読み込んで下さい。ご予約時にはお名前、ご希望の日時、症状、電話番号をご記入下さい。当院よりメッセージにてご予約確定の返信をお送りします。

>>LINE予約の手順について詳しくはこちら

西京極院 TEL:075-314-3456

〒615-0812 京都市右京区西京極大門町20−6
市バス 大門町バス停前

西京極院 地図西京極院 営業時間

守山院 TEL:077-599-5977

〒524-0101 滋賀県守山市今浜町2620-5 ピエリ守山2F水春連絡口
JR堅田駅・守山駅から”無料シャトルバス”有り

ピエリ守山院 地図ピエリ守山院 営業時間 ※ピエリ守山と同じです。

PAGE TOP