Loading

接骨院と整形外科の違い

整骨院と整形外科・病院の違い

整骨院について

接骨院では柔道整復師という国家資格を持った治療の専門家が主に「手技による治療」を行うのが特徴です。
医療機関のお薬はその人の体質によって使用が制限されることもあります。柔道整復師の手技は個人に合わせて施すことが出来るので幅広い症状の方に受けていただけます。
交通事故の治療において整骨院が得意なのはムチウチ症(頚椎捻挫)腰痛(腰部捻挫)捻挫打撲肉離れと行った症状です。これらの症状はMRIやレントゲンの精密検査では「異常なし」と判断され、医療機関では見つけにくいものだからです。筋肉や筋膜内に生じるトリガーポイントと呼ばれる強ばりやしこりが痛みを引き起こしており、これらはMRIやレントゲンでは確認できません。交通事故による衝撃で体身体がダメージを受けているのに、医療機関では、本当の原因がわからないわけです。
私共、さつき整骨院では、一人一人の異なる筋肉の状態や全体のバランスを診ることで、痛み、しびれの本当の原因となる部分を発見してから、それぞれの患者様にあった施術を行います。

整形外科・病院について

医療機関(整形外科や病院)では、医師による正式な診断書をもらうことができます。交通事故の後、まずは医療機関で診察を受け診断書をもらいましょう
医療機関では主に手術を受けるような重要な怪我や病気に対する治療が中心になります。レントゲンやMRIなどによる精密検査を受けることができるので、骨や脳、筋肉組織のダメージを診断することが出来るからです。
また怪我をした後の初期治療が終了しても痛みが続く場合には、痛み止めの薬や湿布を処方してもらうことも可能です。外傷や骨折など、大きな怪我の初期治療には通院が必須になることもあります。

PAGE TOP